風俗系エステのシステムと流れ

初めてのエステガイド サイトマップ

初めてのエステ遊びの時に役に立つエステのシステムや流れの解説をしていきます。ここは風俗系エステのシステムや遊びの流れについて解説しているページです。

いろいろな風俗エステのシステムとは

風俗エステには大きく店舗型と派遣型の2つのシステムのお店に分かれます。

店舗型というのはお客である男性がお店へと出向き、店内の個室や仕切りのされたベッドでサービスを受けるタイプです。
最初の受付でコースやエステ嬢の指名、支払いなどを済ませてサービスを受けることが出来ます。
店内にはプレイの相手であるエステ嬢以外にもボーイや他のお客などもいるので、初めての人と2人きりは心配という人には安心感があるのではないでしょうか。

派遣型というのはお客の元へエステ嬢が出向き、自宅やホテルなど指定場所でサービスを受けるタイプです。
ネットや電話で予約をしたら指定場所へエステ嬢がやってきてくれるので、店舗へ出向く必要はありません。料金の支払いもエステ嬢や送迎のボーイを通して完了します。
店舗が遠い、他の客の気配などを感じたくないという人は派遣型が向いているのではないでしょうか。

またちょっと変わったところで受付型というものもあります。
受付型というのはお客が店舗へ行ってコースやエステ嬢の指名などをした後に近くのホテルなどに移動してサービスを受けるタイプです。

エステを探したいならここが使える!

風俗エステのプレイ内容

風俗エステは前半はマッサージ、後半は風俗サービスの2部制になっています。ほとんどの店がこのシステムです。もしも最初に風俗サービスが受けたいという場合はお店に相談してみてください。
ただし風俗サービスの後は汗や体液を落とすためにシャワーが必須となるのでプレイ前、風俗サービス後、マッサージ後と3回シャワーすることになるので時間配分がタイトになるかもしれませんね。90分以上の長いコースなら安心かとは思いますが。

マッサージはオイルマッサージやパウダーマッサージなどが主流となっています。オイルやパウダーで滑りを良くしてからリンパを流すリンパドレナージュという施術を行う店が多いです。
オイルやパウダーを使うので服は脱いで全裸となりますが、お店によっては紙パンツが用意されているところもあります。またバスタオルなどを掛けて直接見えないようにしてくれることも。
全裸を見られるのが恥ずかしい場合にはお願いするとバスタオルなどの目隠しを用意してくれるかもしれません。恥ずかしがらずに相談してみてください。

風俗サービスは性感マッサージを中心に性的興奮を高めるサービスになります。
乳首を責めたり、脚の付け根の鼠蹊部や睾丸マッサージなど際どい場所のマッサージによって快感を高めていきます。 最後は手コキでフィニッシュというのが一般的な流れです。

風俗エステ嬢の服装など

風俗エステはヘルスやデリヘルよりもソフトなサービスとなっています。エステ嬢は基本的には着衣でのサービスとなります。

シャワーも一緒に入るお店ばかりではありません。一緒に入る場合でもエステ嬢は水着などの濡れてもいい服でお客が洗うのをお手伝いしてくれる感じです。

風俗サービスの無いメンズエステよりは露出の多い格好ではありますが、胸や陰部など際どいところは隠されています。
有料のオプションに上半身ヌードなどが用意されているお店もあります。